AMSショットとは

航空宇宙産業界の共通仕様あるいは、各社の指定仕様に基づく、航空宇宙産業(民間・軍事)用の特殊ショットピーニング用投射材

AMSショットは通常次のような用途にご使用いただけます。



ユーザーにとってのメリット


 繰り返し荷重を受ける部品の疲労強度アップのためのショットピーニング :

  • 航空機エンジン部品(タービン、ブレード、シャフト、ギア…)
  • 着陸装置
  • 航空機の翼(翼前縁、翼後縁…)
  • 航空機構成部品(胴体構成部品…)
  • トランスミッション構成部品…
  • その他
 

構成部品の形状を修正または調節するためのピーンフォーミング :

  • 翼前縁
  • 翼の構造または外装
  • 胴体
  • その他

航空宇宙産業界のあらゆる規格をクリアしつつ、ピーニング工程コストも低減


以下の主要な航空宇宙産業規格に準拠しています。
  • AMS 2431/1 & AMS 2431/2 (米国航空宇宙材料仕様書)
  • NFL 06-831 (フランス航空宇宙局)
  • DMR 71-110 (スネクマ)
  • CSS 119 & CSS 120    (ロールス・ロイス)
  • P11TF3 &  P11TF8 (ゼネラル・エレクトリック)
  • ABP 1-2028    (エアバス)
  • BAC 5730 (ボーイング)
  • その他

製品の特徴


ショットピーニングは、部品の物理的抵抗力を向上させることを目的としています。

ショットピーニングで部品の疲労強度を高めることにより、部品をより軽く、低コストで生産することが可能になります。

 ピーニング処理を施した部品の製品寿命は、200%から1400%、場合によってはそれ以上伸びることがあります。

主要な参照