物語は2012年に始まり、Winoaの専門家がACPCという協会を立ち上げました。この協会はパイプコーティングの将来に関心を持つ様々な会社から腐食防止の知識の進歩を目指す専門家を集めています。

協会のエンジニアは粉塵削減の解決策を模索しており、パイプコーティングのベストプラクティスを共有しています。

同様に2018年11月にオーストリアでWinoa Russiaとその共同研究者(EDER, Strahltechnik とHempel)が第5回国際防蝕2018を開催しました。19社から30名以上の参加者がオーストリアへ参加しに来ました。参加者はPhenicsが提供する独占的なサービスや独自なショットブラスト装置等、金属構造物の表面処理や塗装における最も効率的あるいは最新的なソリューションに関する情報を入手できます。
 

センターステージにおいてのエコロジー

誰も近年の危機的な環境状況を無視することはできません。Winoaは環境保護に力を注いでいるため、オーストリアでのセミナーでは鉱物系研掃材よりスチール製研掃材の使用に対する意識が高まっています。スチール研掃材は廃棄物を減らし塗料の付着力を高めます。この変換には適切なショットブラスト装置も含まれています。その後Phenicsは最大の請負業者から大きな関心を集めました。

トータルコストの運用にもかかわらず、スチール製研掃材を使用することはその寿命とリサイクルの可能性からより経済的です。

ACPCは環境にも取り込んでいます。前回のセミナーではパイプの塗装機の粉塵レベルを除去するなどいくつかの作業パッケージが定義されました。防蝕ソリューションの研究も表面の使用寿命を延ばせます。
次回のセミナーは2019年3月にドバイで開催され、多くの新規参加者が予定されています。腐食は未来を恐れることができます!