Hutchinson Paulstra はゴムベースの防振及び音響ソリューションの設計と製造を専門とするフランスの会社です。その製品は主に自動車及び航空宇宙産業を対象としています。Hutchinson グループはトータルグループの子会社です。

それはまたHutchinson Paulstra が現在要求している特定の要求でもありました。ショットブラスト作業のサイクルタイムを短縮するが部品の清浄度や粗さを変更しないことです。
現在顧客は300秒周期のショットを使用しています。それは5月に行われた最初試験中にHutchinson Paulstra がWinoaに頼ることを選びました。

まず、顧客の研掃材を使用して試験を実施し、そして顧客の現場で実行されているものと同じパラメータ(投射速度と密度)で行われます。この操作により部品の清浄度と粗さの観点から基準点を見つけることができ、後に別の解決策を提案することができます。

目標を達成するためにW Abrasivesの専門家はStelux Cシリーズの製品を推奨しました。それがクリーニング、バリ取り及び非鉄金属部品の製造用に設計されたステンレス鋼製ショットです。
そのため、時間とプロジェクトの速度パラメータを変更してStelux C20 とC30を使用することにしました。
これら二つの製品はショットサイクルタイムにおいて潜在的な利益をもたらしました。

より細かいStelux C20については清浄度の結果は非常に満足できるものであり、反対に粗さはわずかに低かったです。
 Stelux C30に関してはこれが最も成功した。投影速度を10%低下させることによって粗さレベルは基準部品と同じです。


このようにしてショット投影速度、ショット消費量及び機械摩耗を減少させることができます。最後、サイクルタイムは200秒までに短縮できます。
顧客はそのサイトで行われたテストによってこれらの結果を補足しました。W Abrasives製品によって提供された最初の結果に満足したHutchinson Paulstraは今回行われたテストを検証し「機械的要因」を排除するために9月にCheylasに提出しました。

第2回目のラウンドでは顧客ラインからサンプリングした研掃材を機械に充填しました。既存の部分を参考にして我々のチームは試験で得られた結果が顧客が現場で得た結果と一致していることを確認しました。


これらのサイクルタイム短縮試行は再度行われましたが、今回はより低い投射速度で行われました:66 m/sと投射時間200 sec。結果は顧客と同じ条件下で得られたものと同様です。

結論として、これは表面粗さを変えずにサイクルタイムを30%短縮することが完全に実現可能であることを示しています。投射速度の低下と組み合わせると予想される利点は機械の摩耗の減少と研掃材消耗量の約10%の減少です。

WAbrasives はショットブラスト作業中に重要な役割を果たすいくつかのパラメータがあることを再度証明します。コスト削減はショット価格を下げることによってだけではなく、品質面を変えない制御されたプロセスによっても行われます。

このようにW Abrasivesはショットブラストの問題を解決するために優秀なチームを提供することで顧客をサポートする能力を証明しています。

TCOビデオで「総コスト運用」アプローチの詳細については、次のURLをご覧ください。