Battakarst(バッタカースト)はHydrokarst(ハイドロカースト)とBattaglino(Batta Group)の共同会社です。同社は困難な環境条件でロボット化に基づいて斬新的なソリューションを開発しました。
自動ソリューションとPhenicsの合作により、最終顧客であるEDFは山岳地帯で送水管の内部を処理しながら無駄を減らすことができます。
 

チャレンジ

標高が高い場所にあり、アクセスが困難な地域ではこの改造プロジェクトEDF (Electricité de France)にとって大きな課題でした。それは長さ900メートルである送水管の内側でロボットによるショットブラスト作業が必要です。耐用年数を延ばすために、腐食によって損傷を受けたパイプの内部を改修することが不可欠です。配管の直径が小さく、急斜面にあるので、通常の輸送では到達できず、ヘリコプター輸送などの特別な解決策が必要なため、作業環境は非常に困難でした。
さらにこのプロジェクトでは複数の請負業者が関与する為、特定のロジスティクスが必要です。EDFの主な問題の一つは環境規制を遵守することと廃棄物を減らすことでした。

 

ソリューション:Pheniceとロボット

Battakarstによって開発されたロボットソリューションは連続したリングを通して、そして発生源で廃棄物を回収することを通して、パイプ内部でショットブラスト操作を可能にします。BattakarstはEDFのプロジェクトにPhenicsを信頼し、採用しました。

Battakarstはすでに過去にPhenicsリサイクルシステムを使用していましたので、それがこの困難な現場で、最も適した解決策であることを知っています。

この特殊な現場のために、Phenicsの専門家は、アクセスが困難な地域に、ヘリコプタを利用して搬送できる、Phenics Airと呼ばれる特別な組立機器を、使用することを提案しました。

900メートルの送水管の内面ブラストは、該当する規格に準拠する新しい防錆コーティングの前処理として、非常に要求度が高い。厳しい作業条件のためにいくつかのプラットフォームが異なるレベルで準備された。Profilium045製品を用い、ショットブラストが行われ、消耗量は、約400/㎡のです。
 

結果

最終顧客であるEDFは、結果に満足している。スラグ研掃材を使用するよりも少ない廃棄物で施工することができた。最終的にPhenicsソリューションを使用して、現場での管理が大幅に容易になった。